TOP

かわさき眼科クリニック
072-690-7540
ミニウェル・レディー

ミニウェル・レディー(MINIWELL ready)は、SIFI MedTech社(イタリア)で開発された従来の回折型や屈折型と全く異なる新しいタイプの多焦点眼内レンズです。球面収差の原理を利用したレンズ光学構造により、近方視はやや弱いものの、コントラスト感度の低下が一切なく、遠方から中間距離まで連続して鮮明な明視域を保持することができ、かつての有水晶体眼にもっとも近い見え方を実現した眼内レンズです。


レンズのスペック

4点支持レンズであり、角膜切開創が約2.4mmの角膜創よりプリロードタイプのインジェクターにて眼内レンズが挿入されるので、感染のリスクも大幅に軽減されます。


レンズの特性と手術の適性

(ハロー・グレアの自覚に対するシミュレーション試験画像)


レンズの見え方の違い

他社の多焦点眼内レンズはそれぞれの焦点付近を中心にほぼ二峰性もしくは三峰性の急峻な明視域のピークを持ち、それ以外の部分では有効な視力が得られにくい。一方、ミニウェル・レディーは近方での視力がやや得られにくいのですが、自然で緩やかな幅広い明視域のピークを持っており、それ以外の区間でも明視域の落ち込みが少ないのが特徴です。これにより、良好なコントラスト感度を保持しながら、連続性の高い視力改善が期待できます。


ミニウェル・レディーは近見距離での視力測定がやや弱いのですが、実際のところモデル眼を用いた下記チャートでの評価結果をみる限り、他社の多焦点レンズよりも明らかに見え方のクオリティーが高く、遠見、中間、近方とも鮮明となりました。


眼科一般 └主な診療内容 └外来治療 白内障手術 └白内障とは? └よくあるご質問 └高額医療費制度について 多焦点眼内レンズ └レンティス └ファインビジョン オルソケラトロジー 加齢黄斑変性 └予防について └治療について アンチエイジング外来
当院で取り扱うサプリメント
おおしま眼科
おおしま眼科池本クリニック
うめだ整形外科